妊婦さんに必要不可欠な栄養素|葉酸サプリで積極的に栄養摂取

子どもが欲しいと思ったら

医者

晩婚化の影響

女性が社会で活躍する時代になり、男女ともに晩婚化がいっそう進んでいます。結果として高齢出産の割合も増え、現在では第1子を出産した女性の約20%が35歳以上と言われています。このような傾向は、今後も当分は続くと予想されます。女性の卵子の数は生まれたときから増えることはなく、年を取るにつれて老化していきますから、妊娠も次第に難しくなります。こうした理由で、子どもが欲しい女性には積極的な妊活が求められるようになっています。妊活の基本は基礎体温を記録することですが、他にもバランスの取れた食生活や適度な運動など、やるべきことは数多くあります。十分な栄養を補給するため、サプリを活用するのもそのひとつです。

厚労省が推奨する葉酸

妊活サプリの代表的なものとして葉酸が挙げられます。葉酸は胎児の細胞分裂を促す働きがあり、不足すると赤ちゃんの神経に障害が起きるリスクがあります。妊娠3か月ぐらいまでは特に必要な栄養素ですが、妊娠がはっきりしない間も胎児は成長している可能性があるため、妊活中から摂取するのが望ましいと言えます。食品からでは十分な量を摂取するのが難しいので、厚生労働省では葉酸をサプリで補給するよう推奨しています。なかなか妊娠しない場合には、マカを成分とするサプリにも人気があります。マカは南米原産の植物で、精力剤としても用いられます。亜鉛や鉄分などのミネラルを豊富に含み、男女を問わず代謝機能や生殖能力を高めるとされています。